ブログ

雑誌・新聞掲載

【連載エッセイ掲載】月刊ギャラリー 7月号が発売されました。(7月1日)​​

​全国の主な書店または出版社(株式会社ギャラリーステーション)

TEL 03-3865-0088 にどうぞ​

堀本惠美子エッセイ新連載  月刊ギャラリー7月号

『宇宙の愛のメッセージ』へ ようこそ
第3回 フランス軍の飛行機で作品がコソボへ


月刊ギャラリー7月号が1日発売となりました。

第3回目の寄稿です。
今月号から3回にわけて「国際平和展・コソボ」のことを書いていきます。

紛争直後のコソボでの展覧会、今振り返ると良く行ったものだと思います。

今回はその第1回目。どうぞご一読ください。
全国の主な書店または出版社(株式会社ギャラリーステーション)(TEL 03-3865-0088)にお問い合わせください。

アートに関心ある方 内容も豊富でかつ深く楽しめます。
今月号の特集は『手塚治虫』です。
雑誌・新聞掲載

【連載エッセイ掲載】月刊ギャラリー 6月号が発売されました。(6月1日)​​

月刊ギャラリー 6月号が6月1日に発売されました。

堀本惠美子エッセイ新連載  月刊ギャラリー6月号
『宇宙の愛のメッセージ』へ ようこそ
​第2回ハバロフスクとの「友好と夢​​

本屋さんで購入できます。画廊においてある場合もあります。
次回 第3回、4回に分けて コソボのお話しをします。
コソボは、アルバニア人とセルビア人の戦いで国の中が真っ二つに分かれました。
そして今は、収まって新たな発展をしています。
20年前に一人のフランス人との出会いから、コソボとのかかわりが始まりました。
雑誌・新聞掲載

堀本惠美子エッセイ新連載が始まりました『月刊ギャラリー5月号』

5月1日発売の月刊ギャラリー5月号より、堀本惠美子エッセイ新連載が始まりました。

 

“宇宙の愛のメッセージ” へ ようこそ 第一回 絵と赤い糸で結ばれて 昨日から開催の堀本惠美子絵画展 松坂屋・静岡でも見られます。

子供の頃から絵を描き始める20歳頃のことまでを書いています。

5月号の表紙は 靉嘔あいおう です。 初めどなたの絵かわかりませんでした。 靉嘔の絵はルーブル美術館で見て、衝撃的でしたのを思い出しました。 読み応えのある雑誌ですのでぜひご覧ください。

全国の書店でお求めいただけます。

コソボ・国際平和展(IEP Kosovo), 堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)

国連軍との共催の国際平和展がフランスをかわぎりに始まりました2002年 思い出の写真が送付されてきました

私のfacebookに フランスの友人のS.C.さんが 懐かしい写真を送ってくれました。

2002年からフランスをかわぎりに開催された国連軍との共催の国際平和展 International Exhibition for Peace collaborated with UN forces started in France.(International Exhibition for Peace collaborated with UN forces started in France)堀本惠美子展会場の様子です。

今からもう16~17年前になります。
フランスからコソボへ、フランスの連合軍の飛行機で、堀本惠美子の作品が「平和のため」の『国際平和展』会場に運ばれました。
国際平和展日本事務局代表をずっとしてきました。

その後15回、フランス、コソボ、日本で展覧会を開催しました。

今でもその時に一緒に展覧会場に展示されたコソボの画家たちとはFacebookで交流があります。
そのころ若かった彼らはもう立派な画家となっています。
月日の経つのは早いものです。

国際平和展とは
https://sites.google.com/site/emikohorimoto/iep

国際平和展アーカイブ
https://sites.google.com/site/emikohorimoto/iep_history

 

日産のゴーンさんの問題や 東京でのオリンピック開催に関しての問題で急に関係がぎくしゃくしてきたような感じがある日仏間です。

良い関係になることを祈ります

未分類

屏風画 CURENT B-103 富士山から宇宙へ 175㎝X112㎝X2枚組 丁番が付く前の作品

屏風画に丁番が付きました(昨日の日記)が、 この写真は丁番が付く前の屏風画です。

丁番が付いた後の写真は、屏風の周りを加工処理してもらってから掲載しますネ。

CURRENT B-103 富士山から宇宙へ  175㎝x112㎝x2枚組
パネルに雲肌麻紙 混合技法 (屏風仕立て 空我光倫)

白地の中の金色の光輪が消えてしまって見えませんね。

かなり大きな作品なので、微妙な色のグラデーションは消えてしまっていますので是非実物をご体感頂ければ幸いです。
新潟・三越に出品予定です!


展覧会のご案内です。​


​2019年新春小品展

ぎゃらりー由芽+ギャラリー由芽のつづき

三鷹市下連雀4-15-2-101 (三鷹駅南口商店街を徒歩6分)

TEL 0422-47-5241

​​
2019年1月12日(土)~27日(日) 木曜休廊
(展示完了しました)

堀本惠美子ガラス絵が展示されています。

・・・・・

来年以降の個展 のお知らせ 
会場には屏風などの大作から小品まで展示されます。


堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
三越・新潟 
2019年2月6日(水)~​11日(月)(祝)​
火曜日は定休日となりました

今年1月に美術展に推薦され出品して大好評でした。
個展は第1回目となります。広い会場です。

(C)EMIKO HORIMOTO
(c)Emiko HORIOTO

CURRENT W-1595 新緑と富士と宇宙と
混合技法 30P

​​​★​​​
堀本惠美子絵画展 宇宙の愛のメッセージ
2019年3月13日(水)~19日(火)
三越・名古屋栄 (名古屋)

●三越・名古屋栄では、5回目の個展となります。


堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
松坂屋・静岡
2019年5月1日(水)~7日(火)
静岡では初めての個展となります。


堀本惠美子絵画展 宇宙の愛のメッセージ 鎮魂と祈り
2019年8月14日(水)~20日(火)
三越・仙台 (仙台)

●三越・仙台では初めての個展です。

今から皆様にお会いするのを楽しみにしています。

​​

堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
小田急・新宿
2020年1月8日(水)~14日(火)​​​​​​
小田急・新宿では第6回目の個展となります。
・・・・

やすらぎと、エネルギーの湧いてくる絵画をぜひ会場で体感してみてくださいね。
その場で奇跡が起きている方々も各会場で出ています。

「エネルギー絵画」が実感できるかもしれません。

お知らせ

明けましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

 

2日は、栃木県矢板市にある塩釜神社にお参りしてきました。
塩釜神社は、伊達政宗や勝海舟が信奉していた神社です。

勝海舟の最後の額、扁額が奉納されています。

 

楽天ブログはこちら

https://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/201901020000/

 

未分類

2019年ニューイヤー・アートフェスティバル(小田急・新宿) 2019年新春小品展(ぎゃらりー由芽・三鷹)に出品中

今年もあと​数日とは信じられない日々です。

​​まだ今年の整理が一つも終わっていない非常事態かも。

一つは展覧会が大阪うめだで開催されたこと。

それと次々に展覧会の準備に追われているからかもしれません。

今日は外回りの庭の草の整理と、しめ飾りなどを飾りました。

草は毎年勢いが良い草の種類が変わるので、それを観察するのも楽しみの一つです。

去年は蔓のある草が地面を張りめぐらしていて往生しましたが、今年はすでに緑の葉が生き生きと伸びている『黄金草』です。
小判のような実がつくのが名前の由来でしょうか?
​​
これはこれで美しいのでそのまま刈らずにおきました。

一番驚いているのは、夏の花『ベゴニア』がまだ生き生きと咲いていることです。

夜は玄関にしまいますが、いまだに玄関先で咲き誇っています。

新潟には「雪がいっぺんに積もった」ということをニュースで見ましたが、ここ子八王子は今のところ暖冬です。

食料や灯油も注文してとりあえずは安心です。

最も今年5月にアトリエから歩いて3分の所に『セブンイレブン』が出来てからは、食料の心配はなくなりました。

まだまだ仕事もあり、
今年はどうなるのか先が読めない年末の数日です

 

展覧会のご案内です。


2019年ニューイヤー・アートフェスティバル

小田急百貨店・新宿
本館10階美術画廊・アートサロン

TEL 03-5325-2553 (直通)

12月26日(水)~2019年1月8日(火)まで

(開催中です)

堀本惠美子小品が展示されています


​2019年新春小品展

ぎゃらりー由芽+ギャラリー由芽のつづき

三鷹市下連雀4-15-2-101 (三鷹駅南口商店街を徒歩6分)

TEL 0422-47-5241

​​
2019年1月12日(土)~27日(日) 木曜休廊
(展示完了しました)

堀本惠美子ガラス絵が展示されています。

・・・・・

来年以降の個展 のお知らせ 
会場には屏風などの大作から小品まで展示されます。


堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
三越・新潟 
2019年2月6日(水)~​11日(月)(祝)​
火曜日は定休日となりました

今年1月に美術展に推薦され出品して大好評でした。
個展は第1回目となります。広い会場です。

(C)EMIKO HORIMOTO
(c)Emiko HORIOTO

CURRENT W-1595 新緑と富士と宇宙と
混合技法 30P

​​​★​​​
堀本惠美子絵画展 宇宙の愛のメッセージ
2019年3月13日(水)~19日(火)
三越・名古屋栄 (名古屋)

●三越・名古屋栄では、5回目の個展となります。


堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
松坂屋・静岡
2019年5月1日(水)~7日(火)
静岡では初めての個展となります。


堀本惠美子絵画展 宇宙の愛のメッセージ 鎮魂と祈り
2019年8月14日(水)~20日(火)
三越・仙台 (仙台)

●三越・仙台では初めての個展です。

今から皆様にお会いするのを楽しみにしています。

​​

堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
小田急・新宿
2020年1月8日(水)~14日(火)​​​​​​
小田急・新宿では第6回目の個展となります。
・・・・

やすらぎと、エネルギーの湧いてくる絵画をぜひ会場で体感してみてくださいね。
その場で奇跡が起きている方々も各会場で出ています。

「エネルギー絵画」が実感できるかもしれません。

堀本惠美子とロシア

ロシア極東地域サイトに堀本惠美子の絵画part1・ 絵と詩part2  の紹介ページが出来ました(日本語訳)

​​​​​​​​​​​​fareasternization​

【堀本惠美子の絵画世界 ロシアの紹介ネットサイト】
インターネット ロシア極東地域
https://www.fareasternization.ru
この中のパート。

堀本恵美子の絵画世界
https://fareasternization.ru/fareasternization/emiko-horimoto-chast1

堀本惠美子の絵と詩
https://fareasternization.ru/fareasternization/emiko-horimoto-poeziya-i-zhivopis-chast-2

羽生光善の能面と能
https://fareasternization.ru/fareasternization/kozen-hanyuu-skulptor-masok-teatra-no 

日本語訳(自動翻訳機を主に)でご紹介いたします

堀本恵美子part1

·         1 KHABAROVSK MUSEUMのユニークな展覧会

·         2 EMIORO HORIMOTOがロシアで知られている

·         魂と魂のための3つの捜索 – 結婚を通して、娘の誕生、離婚

·         4アート・エミコ・ホリモト・ユニテス異文化文化人類

·         5 EMIORO HORIMOTOペインティング – 日本の現代美術における新しい

·         6インターネットでの堀本惠美子

FarEasternizationサイトは、極東に捧げられた新しいコラムを開始しました。極東に住み、ロシアの極東を発展させ、その性質、人、功績を愛し、栄誉を与えている人たちです。

「極東」とは、中国、日本、南北アジア、アジア太平洋地域の各国の人々のことです。
そのページでは、FarEasternizationは、有名な遠東系の人たちと、私たちの近くに住む人々について話す用意ができています。おそらく、あなたやあなたの友人についてです。

堀本えみこ:近代日本画で新しく紹介

パート1©A. – Dolga

KHABAROVSK MUSEUMのユニークな展覧会

ハバロフスク地方博物館での2017年の夏。NI Grodekovaは、日本のアーティスト、堀本恵美子の展覧会を開いた。私たちは、日本の文化は他と違って、独特のマスク、美しい着物、神秘的な三位一体を当然受け入れているということに慣れています。そのため、堀本恵美子さんの作品は、すべての日本人として、UNUSUAL and UNEXPECTEDを意味する博物館の訪問者が感じました。

エミコ堀本はロシアで知られています

私たちは、国際祭り「オーシャンオブフレンドシップと夢」の主催者で、2011年に堀本さんと初めてお会いしました。その後、2012年に展示会が始まりました。彼らは何百ものオリジナル作品の中に、作家のプロフェッショナルだけでなく、色、光、宇宙の感覚の中に立っていました。2013年には、フェスティバルの足跡をたどって、極東州立大学人文学部は、堀本恵美子をハバロフスクに招待し、アートフロアでの作品展を開催しました。
堀本恵美子氏は、「友情と夢の海」という国際フェスティバルで国際審査委員会の共同議長を務めました。2014年春、堀本恵美子さんのお友達とハッピーサイエンスグループの日本人のお友達からフェスティバルの参加者を招待しました。ハバロフスク、ヤクーツク、ユジノサハリンスク、ブラゴヴェチェンスキースク、合唱団、ツグールからの芸術作品の展覧会など、30人の極東の人々が忘れられない日々を過ごしました。プログラムには、堀本恵美子による絵画展、著者とのミーティングなどがありました。
神聖な次元への働き – 観客を引きつけ、魅了するものの一つ

魂と魂の探索 – 結婚を通して、娘の生まれ、離婚と病気

堀本恵美子は東京生まれ。東京女子大学を卒業。彼女はかつて書いています:「どこから来たの?私たちは誰ですか どこに行くの? “ポールゴーギャンの作品のタイトルです。若い頃、学生時代に同じようなことを考えました。私は哲学の助けを借りてそれらを解決しようとしましたが、答えを見つけられませんでした。そして、私は父親、Kozen Hanyuu、舞台芸術家のこれらの質問への答えを検索するために、能劇場のマスクアーティストに親愛なる “に行きました。卒業した堀本恵美子が卒業した武蔵野美術大学は、彼女の教育と、プロフェッショナリズム、芸術飛行と名声 – 彼女の人生と芸術を与えました。
展覧会への来場者は、「この絵はどこから来たのですか?」と尋ねました。
その答えは、堀本恵美子の道であり、彼女はこう書いています。「それ以来、私は長い間心と魂を探し続けてきました。同時に私は結婚、出産、離婚、癌などの出来事を経験しました。
その答えは、堀本恵美子さん自身のことです。「私が40歳くらいになると、がんで病気になり手術を受けました。手術中、私はほとんど死にました、私の人生はほとんど私の体を残しました。それから死後も魂が存在することを確かめました。私が経験したことはすべて私の想像力の世界をより深くし、創造性に影響を与えました。
これはCurrent 20-4Tの画像で見ることができます。

堀本惠美子の文化の芸術

堀本恵美子は、仏教徒の家で生まれ、キリスト教の大学で学んだが、教授の大部分はキリスト教徒であり、唯一の神と同じ神を信じていた。
堀本氏は次のように認めています。「私には奇妙なことに、宇宙にはキリスト教徒、イスラム教徒、仏教界の他の神々の上にいる最高神がいるべきだと感じました。
この芸術家は、「他の宗教、国家、国家、言語の上に浮かび上がって、最高のメッセンジャーが各地域や国から発信されるユニバーサル神の存在を信じています。かつて私は2つの折り畳み式スクリーンの形で大きな画像を描いた。そのうちの一人に私はキリスト教の光と仏教の光を描いていました。そして、他の人には、最も高い神を描いていました。そして私が描いている間、私は心が空とどのようにつながっているのか、私の “目に見える絵の助けをかりて、目に見えない天の世界を表現する方法を感じました。そういうわけで、あなたが私の写真を見ると、何か変わったことを感じるのです。

1980年以来、名古屋、札幌、東京、京都などの都市(1980年〜2014年)、コソボ(1980年、2003年〜2005年)、パリ(1980年、1982年、2003年〜2005年)ニューヨーク(1992年)、スイス(2010年)、韓国(2010-2011年)、ハバロフスク(2012-2013年、2017年)。琴本氏は、国際的な展覧会「平和のために」(日本代表)と日本のアーティスト協会の一員です。

堀本恵美子絵画は、テッサロニキ美術館(ギリシャ)、コソボ国立美術館(コソボ)、リムリップ美術館(韓国)、日本大使館(フィンランド)、国連ジュネーブ事務所(スイス)、セント・ジルス美術館クロアデビー市庁舎(フランス)、極東州立人文学部(ロシア)、南アフリカ大使館、(日本)、ハバロフスク地方博物館(NI Grodekov(ロシア)にちなんで命名)。
E. Horimoto
の作品宇宙の光は、ハバロフスクで2017年に発表されました。

エミコ堀本絵画 – 近代日本美術

堀本恵美子は、日本の現代絵画の新しいジャンルであり、アーティストの想像力から生まれたイメージが抽象的に伝わる。堀本恵美子さんは、「4Dパノラマ」のスタイルで動作します。これらは珍しい写真で、空気、光、そしてインスピレーションがいっぱいです。彼らは神秘的な力を持っているマスターが秘密を知っているので、聴衆にこれらの写真を見せてもらうことができます。

堀本恵美子の絵は華麗で上品で洗練されています。それらの中で、青、金、白、赤の色が魔法になり、私たちを宇宙に連れて行きます。色彩、色彩、虹彩の輝きの組み合わせは、私たちを瞑想、海や山頂の熟考に導きます。
堀本恵美子の創造性、技法、スタイルは、彼女の世界観を伝えるものであり、人生の経験、持久力、人の無限の愛を共有するのではなく、異文化の人々を結びつけ、より親切で賢明にします。

今日、堀本恵美子さんは、作家スペースAOギャラリーで作品を発表し、ツアー、講演、インタビューを行い、慈善活動に取り組んでいます。彼女の作品には、デザイン、イラストブック、美術写真などがあります。彼女は詩を書き、世界を旅し、平和維持活動をリードしています。インターネット上の彼女のページに行き、堀本恵美子さんの作品が彼女の人生以上であることを確認してください!

インターネットでの堀本惠美子

http://www.space-ao.com(日本語、英語、フランス語)
http://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/ 
http://www.nihonbijutsu-club.com/horimoto/(日本語、英語)
www.youthdv.ru(ロシア語、日本語)


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

堀本惠美子:詩歌と絵画。パート2

·         1絵画と詩 – これは素晴らしいです

·         2CURRENT 4-9T

·         3 CURRENT P-7T

·         4 CURRENT W-89T

·         5 CURRENT W-378T

·         6 CURRENT 12-9T

·         7 CURRENT W-413T

·         8CURRENT  W-687T

·         9堀本惠美子の詩

Far East」という新しい見出しでは、FarEasternizationというサイト
が、堀本恵美子についての第2話を出版しています。
日本の芸術家、写真家、
国際友好夢と夢の祭りの審査委員長は、
彼の作品の別の側面、すなわち詩を明らかにする。

詩、絵画、写真堀本恵美子©

絵と詩 – これはハーモニーです

堀本恵美子
は、芸術では、能面師の祖父や父親の道を繰り返すことができませんでした。
古典劇場、女性の彫刻家によって作られたマスクは受け入れられませんでした。
それゆえ、彼女は彼女自身の道を歩み、
現代日本のクラシックで独特のスタイルを開いた。「ブルーワールド」堀本恵美子
は、宇宙の哲学である色彩となった。
しかし、
アーティストによると、インスピレーションと創造的なエネルギーの源は、ギリシャ、イタリア、フランスの地上自然景観です。そして、もちろん、世界文化と精神的なルーツは、いつでも仏教の故郷に戻ってインドやネパールに戻ってきます。
哲学、宗教、世界中の人々とのコミュニケーション – この経験は
、絵画や詩に調和して反映されています。

CURRENT 4-9T

喧噪の中
それでも流されまいとしている

一日一生で生きる

 

Day-to-day clamor…
Let’s not float away despite this din.
In one day let’s live a lifetime.

CURRENT P-7T

降りしきる
雪のひとひらに
無限の刻をみる

春近し

Falling down,
One petal of snowflake
Unlimited time is felt.

Spring is near. 

 

CURRENT W-89T

正義とは
人々をひきつける
磁石だ
Justice is
Like the people drawn to
The magnet.

CURRENT W-378T

天を仰ぎ
川のせせらぎの如く
この道を行く

Looking to Heaven,
With the flowing river,
We travel this path.

 

CURRENT 12-9T

愛されている人より
愛している人のほうが
素的だ
Instead of a person, who is loved,
One, who loves,
Is beautiful. 
大海原の波は 地球の呼吸のよう
波の音に身をまかせ 赤子のように眠る

The Waves of the vast sea are like the breathing of the Earth.
Let us surrender to the sounds of the Waves.  Let us sleep like a babe.

CURRENT W-687T

すべてをふり捨てると決断したら
勇気が湧いてくる
今日のこの一歩を踏み出す
hen one decides that everything will be thrown out
Courage builds within.
Today’s one step is taken.

堀本惠美子の詩


シンプルさと簡潔さが日本の詩の特徴であるので、日本の3ピースと4ピースの形は非常に独特です。そして、それは
堀本恵美子の絵と非常に調和しています。時にはそれは
清らか、知的に青い、抽象的として特徴づけられる。
しかし、エミコさん自身はかつて「死から生命に戻って、自然がどれほど美しくて調和のとれたかを見た」と述べています。

この気持ちはアーティストの作品に叙情詩を与え、

彼女の絵は詩の誕生のインセンティブとなった。

詩を翻訳するのは難しいですが
形式と意味が調和して
いる日本の言葉を翻訳することはさらに困難です。そして、詩人の思想を伝えることは困難であり、詩や絵に反映されています。

堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)

阪急うめだ美術展 堀本惠美子作品コーナー 無事終了致しました

阪急うめだの美術展が無事終了致しました。

お陰さまで多くの方々に見ていただけました。

600点ほど展示されている作品の中で、一番惹かれたと言うお声も多く聞くことができました。

作品の向こう側にある心や魂の世界を感じ取ってくださる方がとってっも増えたように感じ嬉しく思いました。

前回の美術展の時より、そういった感想が増えていて嬉しい限りです。

6日間という短い期間でしたので、知人で来られない方も多くいらっしゃったのが残念です。

またどこかで作品を見て頂ける機会があると嬉しいです。

写真の中、中央正面の奥に私の作品が写っています。

これから年末慌ただしい時間が過ぎていきそうです。

堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)

阪急うめだ美術展堀本惠美子作品コーナー 5日目です

阪急うめだの美術展もあっという間に今日で5日目です。
少し会場にも慣れてきました。
東京の百貨店より広いので、同じフロアーの中で迷子になりそうです。
堀本惠美子作品(魂の世界)の表現も大分多くの方々に理解していただけるようになり、感動して頂いています。
写真は美術展開催の本店9階のギャラリーと反対側のコーナーのクリスマス飾りです。
展覧会は、明日の午後5時迄です。
お近くの方ぜひどうぞ。