Japanese English French

   

展覧会・イベント情報  作品紹介  プロフィール  国際平和展 (I..E.P.)  ショップ  掲載記事  収蔵先一覧  リンク お問合せ ブログ Top


file:///C%7C/Documents%20and%20Settings/Ellie%20Kijima.KIJIMA-LAVIE-S/My%20Documents/SPACE%20AO%20Website/%90V%92%85%8F%EE%95%F1

NEW!

『堀本惠美子絵画展』
〜愛のメッセージ

1月24日-1月30日

三越・札幌

三越札幌
上記の写真をクリックすると
詳細ページに移ります。


上記の写真をクリックすると
詳細ページに移ります。


■ 目 次 

新着情報 
過去の展覧会
今月の展覧会
イベントアルバム
展覧会一覧
プレゼント

 

 

 

展覧会・イベント情報

- 今月の展覧会-

 

終了しました。

たくさんのご来場、有難うございまいした。

新春画廊企画  

能面と絵画による『魂の芸術』

羽生光善・堀本惠美子親子展   

 

2011年1月19日(水)〜25日(火)  10:00a.m.-8:00p.m. 

(最終日は4:30 p.m.まで)

小田急新宿店 美術画廊・アートサロン

 

ブログ チェック! http://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/

 

 

     

    新春画廊企画

     新春 能面と絵画による『魂の芸術』

    羽生光善・堀本惠美子親子展   

     

    2011年1月19日(水)〜25日(火)  10:00a.m.-8:00p.m. 

    (最終日は4:30 p.m.まで)

    小田急新宿店 美術画廊・アートサロン

     

       

      小田急・新宿 あいさつ文

      この度、観世流の能面を主に手がける現役最高齢の93歳の能面師・羽生光善(はにゅうこうぜん)と『宇宙の愛のメッセージ』の展覧会を国内外で展開している堀本惠美子の親子展を開催いたします。 能面が表現する“魂の世界”と絵画で表現する“魂の世界”の共演をお楽しみください。能面は約20点、絵画作品は屏風画作品始め約30点出品いたします。どうぞご高覧くださいますようご案内申し上げます。

       

      作家あいさつ文

      この度、父 羽生光善の能面と私の絵画を一緒に展示させていただく機会を得、大変感慨深いものがあります。 能楽に登場する『霊の世界の住人』であるシテ(主人公)がつける能面は、日本人が能を通して表現していた魂の世界を表しています。そして『宇宙の愛のメッセージ』という心や魂の目には見えない世界を表現している私の絵画世界も能が表現するものと深い繋がりがあるように思います。この展覧会を通して日本の文化の美しさ、深い精神性を感じていただければ幸いです。

      堀本惠美子 

       

      羽生光善略歴

      1917 能面師羽生光長の三男として東京・浅草に生まれる 15歳で能面の仕事に携わり以来78年間、能面一筋に研鑽に励む
      1983 和光ホールにて面打50年記念個展
      1986 東急本店にて 羽生光善能面集出版記念展
      2008 『現代能・狂言作家展』早稲田大学演劇博物館 他多数 現代能彫刻会会員 日本能雅院会員 観世流の能面を主に制作する

       

      堀本惠美子略歴

      1947東京に生まれる/東京女子大学卒/武蔵野美術学園終了/日本美術家連盟会員 1980年より国内外の企画個展は75回に及ぶ/海外展―日仏現代美術展(パリ、1982)/ サージマルジス賞受賞展(ニューヨーク、1991)/個展(ナント・パリ・コソボ、2002- 2005)/スイス・ジュネーブアートフェア、韓国国際アートフェア(KIAF)2010出品他 谷川俊太郎・詩 堀本惠美子・画『青は遠い色』(玲風書房) 堀本惠美子 画・詩『やすらぎの青 祈りの青』(青春出版社) (作品収蔵先):テッサロニキ市美術館(ギリシア)コソボ国立美術館(コソボ) フィンランド日本大使館 長野県・佐久市立近代美術館 たましん歴史・美術館  国立がんセンター東病院、東京女子大学、他寺院・病院・学校・企業など多数

       

      作家来場日 *堀本は会期中毎日来場いたします。  

      羽生は1月19日(水) 22(土)23(日)来場いたします。

      入場無料

       

       

       

     

    "Soul Art" presented by Noh-masks and paintings

    Parent and child Joint exhibition by Kozen Hanyu(Father) and Emiko Horimoto(Daughter)

     

    Odakyu Department Store, 10th Floor of Main Building ・quot;Art Gallery" and "Art・Salon"

    Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo

    TEL 03-3342-1111(m)

    From January 19(Wed) to 25(Tue), 2011 10am to 8:00pm

    (till 4:30pm on 25th)

    Message from Odakyu

    We are pleased to present a parent and child joint exhibition. Mr. Kozen Hanyu (93) is the oldest carver in active service, specialized in making Noh-masks of Kanze School. Ms. Emiko Horimoto, his daughter is a worldwide artist of paintings presenting "Message of Universal Love". We hope you will enjoy ・quot;World of Soul・quot; presented by Noh-masks and paintings. Exhibited are about 20 pieces of Noh-masks and about 30 paintings including a large one of folding screen type.

     

    Message from Artist

    I am so hoppy to have an opportunity to exhibit my paintings together with Noh-masks carved by Kozen Hanyu, my father. A Noh-mask to be put on by Site (a hero of Noh Theater ) who lives in the spiritual world is supposed to present the world of soul which has been expressed by Japanese through Noh Theater. I feel Noh-masks have some deep connection with my paintings in which I try to express invisible world of heart or soul. I hope guests will sense, through our exhibition, the beauty of Japanese culture or a kind of profound spirituality.

    EmikoHorimoto

     

    Brief personal record of Kozen Hanyu

    1917 Born in Asakusa, Tokyo as the 3rd son of Mitsunaga Hanyu.
    Started carving Noh-masks at the age of 15 and has kept on carving for 78 years.
    1983 Had an exhibition at Wako Hall (Tokyo) in commemoration of 50 anniversary of carving
    1986 Had a party at Tokyu Main Store(Tokyo) in celebration of publication of "Album of Noh-masks by Kozen Hanyu"
    2008 Had an exhibition "Contemporary Artists of Noh and Kyogen" at The Theatre Museum of Waseda Univ.

    a member of Contemporary Noh Sculpture Association
    a member of Japan Noh Sculpture and Painting Association carves mainly Noh-masks of kanze School

     

    Brief personal record of Emiko Horimoto

    1947 Born in Tokyo Graduated from Tokyo Woman’s Christian Univ.
    Studied in Art School of Musashino Art Univ.
    Held 75 exhibitions in Japan and abroad since 1980:
    Main exhibitions abroad: Japan-France Contemporary Art Exhibition, 1982, Paris
    Serge Majisse Award Winners’ Exhibition, 1992,New York
    Exhibitions in Nante, Paris and Kosovo, 2002 to 2005
    Swiss Geneva 19th International Art Fair, 2010, Switzerland
    Korea International Art Fair (KIAF), 2010

     

    Publications:

    "Blue is a Far Way Color・quot; poems and pictures, together with Mr. Shuntaro Tanikawa (Reifu Shobou)
    "Blue of Mind ,The Blue of Prayer" poems and pictures (Seishun Shuppan-sya)

     

    Paintings delivered to:

    Thessaloniki Museum (Greece), The National Gallery of Kosovo (Kosovo),
    the Embassy of Japan in Finland, Saku Municipal Museum of Modern (Nagano Pref.),
    Tamashin Historical Museum (Tokyo), National Cancer Center, East Hospital (Chiba Pref.),
    Tokyo Woman’s Christian Univ. (Tokyo)., etc.

    a member of Japan Artist Association

    Translated by Ryusuke NAKAMURA

     

     

     

     

     

     

    (C) 羽生光善

    小面(こおもて)89歳の時の作品
    他に25歳の時の作品「狐」も特別展示されます。
    約20点の展示。
    他に能面の版画も展示予定です。

     

    (C) Emiko HORIMOTO 堀本惠美子作品

    CURRENT B-79 宇宙の光 
    The light of the universe 180cm x 90cm

    素材 パネルに和紙 水彩・樹脂 屏風画作品など
    約30点が展示されます。

     

     

     

     


Space AO 1372-4 Kawaguchi-machi, Hachioji-city Tokyo, JAPAN phone & fax:042-654-5825
www.space-ao.com E-mail: info@space-ao.com Contact Europe : loireswans@wanadoo.fr
(C) Emiko Horimoto Website 2004-2012
All rights reserved.