雑誌・新聞掲載

【連載エッセイ『月刊ギャラリー』9月号発売中です】

9月1日発売の月刊ギャラリー 9月号に
堀本惠美子連載エッセイ 第6回が掲載されています。

今回は、コソボ国際平和展の記事の第3回目です。
次の号までお話は続きます。

今日、次の号の記事を書きあがったところです。

原稿用紙約5枚のエッセイですが、
次第に書き慣れてくるのが分かります。
今回は、かなり早めに書きあがりました。
次の号もお楽しみに。

堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)

仙台三越の展覧会その後

​​​​​​展覧会が終わると、展覧会の整理に展覧会期間の2倍の時間がかかると言われています。
本当にその通りで、ようやく片づけのめどが立ったところです。その間にもいろいろ仕事は入るのでそうなるのでしょうね。

ところでうれしい写真が送られてきました。

仙台三越で、お嫁にいった作品の 展示の様子が送られてきたのです。

仙台・三越の堀本惠美子絵画展 ”鎮魂・宇宙の愛のメッセージ”(8月14日~20日)の会場の様子はこちらです。

仙台・三越の百貨店の通路側から中が見えるギャラリー、とても開放的でお客様が入りやすい形状でした。
右端の後ろの雲の絵は、別の画家(櫻井幸雄さん)の作品です。

CURRENT W-28  神秘の海
阿久津商事 (栃木県 大田原市)所蔵
栃木県から仙台まで見にいらしてくださいました。

前からそこにあるかのようにぴったりですね。

壁には 〇 △ □ の 模様が彫られています。
おしゃれです。

今度、実際の展示を拝見する機会に恵まれそうで楽しみです。

堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)

堀本惠美子絵画展、今日先ほど無事終了

堀本惠美子絵画展、今日先ほど無事終了しました。

お陰様で初めての仙台の個展でしたが、とても評判良かったです。

ガラス張りのショーウインドウなので、一般の方も気軽に入って来られる雰囲気でした。

それに加えて、すぐ隣が催し物場なのは初めてでした。

今日からは、「大江戸展」で、衣類や手ぬぐいや小物類に加えて、

深川飯や、おまんじゅうなど食べ物屋さんがひしめいています。

一昨日まで、藤田和日郎原画展をやっていたところです。

百貨店は、1週間ごとに、あっというまに催し物が変わり、雰囲気も変わるので、改めてすごいなと思いました。

仙台の皆様ありがとうございました。

(C)EMIKO HORIMOTO
雑誌・新聞掲載

【連載エッセイ掲載】月刊ギャラリー 7月号が発売されました。(7月1日)​​

​全国の主な書店または出版社(株式会社ギャラリーステーション)

TEL 03-3865-0088 にどうぞ​

堀本惠美子エッセイ新連載  月刊ギャラリー7月号

『宇宙の愛のメッセージ』へ ようこそ
第3回 フランス軍の飛行機で作品がコソボへ


月刊ギャラリー7月号が1日発売となりました。

第3回目の寄稿です。
今月号から3回にわけて「国際平和展・コソボ」のことを書いていきます。

紛争直後のコソボでの展覧会、今振り返ると良く行ったものだと思います。

今回はその第1回目。どうぞご一読ください。
全国の主な書店または出版社(株式会社ギャラリーステーション)(TEL 03-3865-0088)にお問い合わせください。

アートに関心ある方 内容も豊富でかつ深く楽しめます。
今月号の特集は『手塚治虫』です。
雑誌・新聞掲載

【連載エッセイ掲載】月刊ギャラリー 6月号が発売されました。(6月1日)​​

月刊ギャラリー 6月号が6月1日に発売されました。

堀本惠美子エッセイ新連載  月刊ギャラリー6月号
『宇宙の愛のメッセージ』へ ようこそ
​第2回ハバロフスクとの「友好と夢​​

本屋さんで購入できます。画廊においてある場合もあります。
次回 第3回、4回に分けて コソボのお話しをします。
コソボは、アルバニア人とセルビア人の戦いで国の中が真っ二つに分かれました。
そして今は、収まって新たな発展をしています。
20年前に一人のフランス人との出会いから、コソボとのかかわりが始まりました。
雑誌・新聞掲載

堀本惠美子エッセイ新連載が始まりました『月刊ギャラリー5月号』

5月1日発売の月刊ギャラリー5月号より、堀本惠美子エッセイ新連載が始まりました。

 

“宇宙の愛のメッセージ” へ ようこそ 第一回 絵と赤い糸で結ばれて 昨日から開催の堀本惠美子絵画展 松坂屋・静岡でも見られます。

子供の頃から絵を描き始める20歳頃のことまでを書いています。

5月号の表紙は 靉嘔あいおう です。 初めどなたの絵かわかりませんでした。 靉嘔の絵はルーブル美術館で見て、衝撃的でしたのを思い出しました。 読み応えのある雑誌ですのでぜひご覧ください。

全国の書店でお求めいただけます。

コソボ・国際平和展(IEP Kosovo), 堀本惠美子展作品・展覧会(Exhibition)

国連軍との共催の国際平和展がフランスをかわぎりに始まりました2002年 思い出の写真が送付されてきました

私のfacebookに フランスの友人のS.C.さんが 懐かしい写真を送ってくれました。

2002年からフランスをかわぎりに開催された国連軍との共催の国際平和展 International Exhibition for Peace collaborated with UN forces started in France.(International Exhibition for Peace collaborated with UN forces started in France)堀本惠美子展会場の様子です。

今からもう16~17年前になります。
フランスからコソボへ、フランスの連合軍の飛行機で、堀本惠美子の作品が「平和のため」の『国際平和展』会場に運ばれました。
国際平和展日本事務局代表をずっとしてきました。

その後15回、フランス、コソボ、日本で展覧会を開催しました。

今でもその時に一緒に展覧会場に展示されたコソボの画家たちとはFacebookで交流があります。
そのころ若かった彼らはもう立派な画家となっています。
月日の経つのは早いものです。

国際平和展とは
https://sites.google.com/site/emikohorimoto/iep

国際平和展アーカイブ
https://sites.google.com/site/emikohorimoto/iep_history

 

日産のゴーンさんの問題や 東京でのオリンピック開催に関しての問題で急に関係がぎくしゃくしてきたような感じがある日仏間です。

良い関係になることを祈ります

未分類

屏風画 CURENT B-103 富士山から宇宙へ 175㎝X112㎝X2枚組 丁番が付く前の作品

屏風画に丁番が付きました(昨日の日記)が、 この写真は丁番が付く前の屏風画です。

丁番が付いた後の写真は、屏風の周りを加工処理してもらってから掲載しますネ。

CURRENT B-103 富士山から宇宙へ  175㎝x112㎝x2枚組
パネルに雲肌麻紙 混合技法 (屏風仕立て 空我光倫)

白地の中の金色の光輪が消えてしまって見えませんね。

かなり大きな作品なので、微妙な色のグラデーションは消えてしまっていますので是非実物をご体感頂ければ幸いです。
新潟・三越に出品予定です!


展覧会のご案内です。​


​2019年新春小品展

ぎゃらりー由芽+ギャラリー由芽のつづき

三鷹市下連雀4-15-2-101 (三鷹駅南口商店街を徒歩6分)

TEL 0422-47-5241

​​
2019年1月12日(土)~27日(日) 木曜休廊
(展示完了しました)

堀本惠美子ガラス絵が展示されています。

・・・・・

来年以降の個展 のお知らせ 
会場には屏風などの大作から小品まで展示されます。


堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
三越・新潟 
2019年2月6日(水)~​11日(月)(祝)​
火曜日は定休日となりました

今年1月に美術展に推薦され出品して大好評でした。
個展は第1回目となります。広い会場です。

(C)EMIKO HORIMOTO
(c)Emiko HORIOTO

CURRENT W-1595 新緑と富士と宇宙と
混合技法 30P

​​​★​​​
堀本惠美子絵画展 宇宙の愛のメッセージ
2019年3月13日(水)~19日(火)
三越・名古屋栄 (名古屋)

●三越・名古屋栄では、5回目の個展となります。


堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
松坂屋・静岡
2019年5月1日(水)~7日(火)
静岡では初めての個展となります。


堀本惠美子絵画展 宇宙の愛のメッセージ 鎮魂と祈り
2019年8月14日(水)~20日(火)
三越・仙台 (仙台)

●三越・仙台では初めての個展です。

今から皆様にお会いするのを楽しみにしています。

​​

堀本惠美子絵画展 『宇宙の愛のメッセージ』
小田急・新宿
2020年1月8日(水)~14日(火)​​​​​​
小田急・新宿では第6回目の個展となります。
・・・・

やすらぎと、エネルギーの湧いてくる絵画をぜひ会場で体感してみてくださいね。
その場で奇跡が起きている方々も各会場で出ています。

「エネルギー絵画」が実感できるかもしれません。

お知らせ

明けましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

 

2日は、栃木県矢板市にある塩釜神社にお参りしてきました。
塩釜神社は、伊達政宗や勝海舟が信奉していた神社です。

勝海舟の最後の額、扁額が奉納されています。

 

楽天ブログはこちら

https://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/201901020000/