作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays)

インテリア誌「どりーむ」掲載 2018年9月 作家の視線 堀本惠美子絵画展 

​季刊誌の『DREAM』(日本で一番古くからあるインテリア誌)に堀本惠美子絵画展が掲載されました。


2018年9月発行 489号

作家の視線
Art
堀本惠美子絵画展 ~宇宙の愛のメッセージ~ 小田急百貨店新宿本館画廊
福本潮子個展 ~布を藍で染める~ 高島屋日本橋 美術画廊

福本さんの作品は、私が高島屋・日本橋で個展を開催していた時、すでに高島屋の画廊で個展を開いていた方で、その時から布の作品はずっと印象に残っていました。
2002年に、「バウハウス建築様式の諸井邸にて 七月祭」の企画展で私の作品が福本さんの布の作品と一緒に展示されたことがあります。
その時私はバウハウスの建築様式で作られた和室に屏風を展示しました。
とても素晴らしい企画展でした。
懐かしく思い出しました。

それから20年近くたって、福本さんの作品と一緒に誌面に載せていただいてとても光栄です。

観る方により新しい視点を頂くのも大変ありがたいことです。

私の絵について
​…目には見えない、限りない宇宙空間世界の探求。時は限りなく筆を誘うかのように。​

私の大好きな雑誌です。
編集長のセンスが誌面全体に行き届いていて、見ているとメディテーションをしているかのような感じになります。
本屋さんで見かけたらぜひ手に取って見てくださいね。

作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays)

『いきのびるアート』中村英樹著 (法政大学出版局・『思想』岩波書店「連載エッセイ」)に 堀本惠美子作品掲載

以前、連載エッセイ『目と手が育む精神』中村英樹【「思想」2013年6月号(岩波書店)】で 堀本惠美子の作品が世界の美術史の中での一作品として取り上げられましたので、日記でもご紹介いたしました

http://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/201306210000/

今回、『目と手が育む精神』は連載されたエッセイとその後の書下ろしが一冊の書籍となり、タイトルも新たに『いきのびるアート』「法政大学出版局」より発売されました。(2900円+税)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アルタミラの洞窟画から、最近の日本の現代美術のアーティストまで、壮大な実術史が繰り広げられています。

『現代美術』はわかりにくいといわれていますが、レオナルド・ダ・ヴィンチも、モネもゴッホもそれぞれの時代の『現代美術』で、それぞれ絵の中に深い意味合いと挑戦を秘めた『現代美術』であったことが、一点一点ひもとかれていきます。

世界の作家40数人、日本の作家40数人、その他作者不詳の作品なども含めて紹介されています。

私の作品については 「第IV章 言語の手前の世界」の中、~流動する世界の深奥と向き合って~の節で紹介されています。

私の詩画集『やすらぎの青 祈りの青ーこころの扉を開く異次空間への旅』(青春出版社)の詩の言葉が、言語と向き合う手前の世界を現し、作品は目には見えない世界、「自分と世界との関係性を意識化している」と哲学的に論じられています。

レオナルド・ダ・ヴィンチ、セザンヌ、モネ、ブランクーシ、カンディンスキー、ピカソ、ロスコそして、日本の葛飾北斎、伊藤若冲、円空、香月泰男、李禹煥など、私が尊敬する偉大な作家の方々と美術史の中で論評していただき、この上ない光栄と思いました。

作品はモノクロームで紹介されていますが、文章の一字一句を読んでいると、まるで白黒の絵画から色が見えてくるような感じがするのも、この本の醍醐味です。

文中で心を惹かれた作家や作品は、ネットで検索して改めて色を見ながら作品観賞をするという、現代ならではの楽しみも加わった一冊となっています。

昨今の数時間で読みきれる書籍とは又別の味わいがあります。

じっくりと時間を使って、世界中の芳醇な美の世界へ、悠久の旅へと出られては如何でしょうか?

CURRENT B-98A.B 愛の光 112x175cm.jpg
(C) Emiko HORIMOTO

掲載されている CURRENT B-98 愛の光 (112x175cm)
本作品は、2012年に小田急百貨店・新宿の 堀本惠美子絵画展に発表されたものです。

 

『いきのびるアート』中村英樹著
(法政大学出版局・『思想』岩波書店「連載エッセイ」)に
堀本惠美子作品が『世界と日本の美術史の中、時代に
挑戦した作家や作品』それぞれ約40人の中に選ばれ論評が掲載されました。
(レオナルド・ダビンチ、セザンヌ、モネ、カンジンスキー、
ピカソ、、、北斎、伊藤若冲、香月泰男、李禹煥、堀本惠美子他)

https://plaza.rakuten.co.jp/emikohorimoto/diary/201601240000/
作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays)

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます

『宇宙の愛のメッセージ』のテーマの個展も二十五年となりました。
昨年の初めには、能面師の父の「羽生光善百歳」「堀本惠美子個展百回」を記念しての『親子展』が開催されました。お蔭様で父母も小田急百貨店・新宿の会場に来ることができ、文字通りの記念展になりました。

【2017年2月 能面師・羽生光善100歳/堀本惠美子個展100回を記念してー『堀本惠美子絵画展』小田急百貨店・新宿にて】

cropped-cropped-cropped-e29885e298852016e5b9b4efbc94e69c88-efbc95e69c88e5a080e69cace683a0e7be8ee5ad90e7b5b5e794bbe5b195e3808ee6849be381aee383a1e38383e382bb1.jpg 【2017年2月 能面師・羽生光善100歳/堀本惠美子個展100回を記念してー『堀本惠美子絵画展』小田急百貨店・新宿にて】

その後、長野の個展(ベルシャイン)や大阪の美術展(阪急・うめだ)が開催され、会期中会場に行き、皆様にお会いする事ができました。

201709hankyuumeda.jpeg

七月の一ヶ月間は、ロシアのハバロフスク・クライ美術館が個展を開催してくださいました。日本から、私と友人達のツアーで現地に行き、貴重な体験をいたしました。ハバロフスク州では、初めての日本人の個展ということで、テレビや新聞、ネットなどのメディアに大きく取り上げられ、六千七百人の方々に観ていただき感激いたしました。

〇ハバロフスク美術館29
少しですが日本と極東の架け橋になれたように思います。私がロシアの『環太平洋アート・フェスティバル』の審査員に選出されてから、早五年となりました。これからもアート関係者や生徒達との美術や文化の交流は続いていくものと思います。
そして、昨年末には初めての『ガラス絵展』の個展が銀座(秀友画廊)で開催されたばかりです。

今年の堀本惠美子の展覧会は
●1月17日(水)~22日(月)新潟・三越 美術展
●4月16日(水)~5月1日(火)小田百貨店・新宿 個展
●5月8日(火)~14日(月)札幌・三越 個展

と続きます。
今年もアートを通して、『やすらぎ』と『生きるエネルギー』を観る人々にお伝えする事ができれば幸いです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

     堀本惠美子

作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays)

アインシュタインの手紙 より 

今日もテレビ朝日「世界の偉人に関するクイズ番組」でアインシュタインが20位代に入っていました。

アインシュタインは、今でも人気のある20世紀の偉人です。

以下の文章、「アインシュタインからの合計6通の手紙」は広島平和記念資料館に寄贈されて陳列されています。

 

アインシュタインの手紙(昭和28年6月23日付)の日本語訳

 

私は断固として平和主義者ですが、絶対的な平和主義者ではありません。

 

つまり私はあらゆる場合に暴力は反対ですが、敵が生命の抹殺を自己目的としていれば暴力を用いてもよいと考えます。

 

私は日本に対する原爆使用は常に有罪と考えていますが、この致命的な決定を阻止するために私は何も出来ませんでした。

 

日本人が朝鮮や中国で行なったすべての行為に対して、日本人のあなたにも責任があると言われるのと同じで、私はほとんど何も出来なかったのです。

 

私は、ドイツ人に対して原爆を使うべきだと主張したことはありません。

 

しかし、ヒトラー政権下で、ドイツ人が独自に原爆開発に成功し保有することは、何としても阻止しなければならなかった。

 

あの時代にはもちろん、そういう恐れがあったのです。

 

私はロシアに対する戦争だけでなく、あらゆる(上述のように生命の抹殺をすることが目的の敵には別ですが)戦争に反対です。
                               敬具
                 アルベルト アインシュタイン

 

1996年、丸善・日本橋 『20世紀現代物理学の英雄達展」
(約20年前の展覧会)

アインシュタインや20世紀の物理学者の資料と一緒に展示された、堀本惠美子作品

堀本惠美子作品が、【量子宇宙の世界】【物質を超えたエネルギーの世界】を表現しているということで展示されました。

今また、アインシュタインの言葉を重く受け止める時代が来ているように思います。

作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays)

インテリア誌『どりーむ』魂と宇宙 羽生光善・堀本惠美子親子展 草間弥生展 掲載

日本で一番長い歴史を持つインエリア誌『どりーむ』No.487 に Art 【魂と宇宙】 羽生光善・堀本惠美子親子展(小田急百貨店・新宿) 草間弥生展(国立新美術館)掲載

宇宙と魂

宇宙と魂
能面と絵画による『魂の芸術』羽生光善・堀本惠美子親子展/小田急新宿店 美術画廊

宇宙と魂
国立新美術館会館10周年『草間弥生 わが永遠の魂展』国立新美術館

【愉しみの視点】

100歳を迎えた 能面師羽生光善氏の面に込めた時間空間
【心だね・・・。」彫り続ける先に見えるのは?

インテリア誌を超えた 心の癒しの雑誌 一度手に取るとその魔法にかかります。

是非一度ご覧ください

作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays), 堀本惠美子とロシア

VESTI of The Assembly of the Khabarovsk Krai Peoples

#7(27) July 31, 2017
VESTI Of The Assembly of the Khabarovsk Krai Peoples

P. 6.

EMIKO HORIMOTO WILL PAINT THE AMUR RIVER’S PORTRAIT

The latest visit of the Japanese, Emiko Horimoto, to the Far Eastern capital came to be new feelings to her – she saw the city from the bird’s flight height, rang the bell of the main Orthodox Cathedral in the Krai* and found that she wished to reflect her impressions into new paintings.

For the whole month, her personal exhibition had been working in the Khabarovsk Krai Museum after N.I. Grodekov, it was named “Message of the Universal Love” – “Послание вселенской любви». This name was not chosen by chance – during a serious operation, Ms. Horimoto-san has borne a near death experience and has seen somebody, very big and kind, over there, out of the verge. This is what she tells about by her paintings. “Current. To the Universe,” “Current. Wind of the Universe,” “Current. Light of Hope” – only names of the paintings tell a lot about to such an unsophisticated spectator like me. By the way the paintings are typically Japanese. A great part of the art works is painted with blue and its shades, blue is the author’s favorite color.

– This is my first exhibition in the Russian museum, so it’s a very interesting experience for me. Earlier I introduced my art works at the University Hall (Teachers’ Institute of the TOGU, four years ago), – Emiko Horimoto says. – Khabarovsk has changed a lot since that time. It has become much brighter, cleaner and more beautiful. I have been very busy, this time my exhibition is being held in Japan, so I have got tired a little. But this Cathedral (the Savior Transfiguration Cathedral on Glory Square) is a real discovery for me. It is lighter and of other color than the one on Konsomolskaya Square.

Visit to the Khabarovsk Orthodox Seminary became one of different points of the cultural program which had been prepared for Emiko Horimoto, a graduate of the Tokyo Woman’s Christian University, and her assistant. At the Seminary library, the guests were shown old books, they were explained some procedures and meaning of drawings on the walls in the Church after St. Innokentiy Moskovskiy. But the tourists mostly enjoyed their rise to the Cathedral Bell Tower and possibility to play the bells.

– I saw Orthodox Cathedrals in Kosovo, and think that the Russian religion is like the Serbians’ one, – noticed Emiko Horimoto. – But I believe, there is something which is greater and stronger than Christianity, Buddhism or other religions. This is a great, rational origin, it is located over everything, existed far longer than the gods of all times and civilizations, it is still near us.

Sunrises and sunsets, seas and mountains, especially the Fuji, are the main topics in the Japanese artists’ creativity, so Horimoto-san’s painting is. Her art works in watercolor and acryl, with delicate change from one color to another, effectively show current of the world around us and complicated space fluctuations. Sometimes, to start new art works you need some impulse, like the view from the Savior Transfiguration Cathedral Bell Tower became an impulse for our guest. The Khekhtsir can’t be compared with the Fuji, but this mountainous contour also attracted her attention.

After having an excursion Emiko Horimoto stated that she would like to draw a portrait of Amur.

Being International Judges’ Chief of the Ocean of Friendship and Dream Festival, Emiko Horimoto-san has expressed her hope that contacts between creative people from our countries will be continued – 30 Russians have already visited the Land of the Rising Sun, and now she is going to prepare the next exchanging visit of the Japanese youngsters, as well as her new personal exhibition in Khabarovsk.

By the way, Horimoto-san has begun her speech in front of Grodekov Museum visitors with the Russian “Zdravstvuite” (as she has explained to the reporter, her ex-husband has been learning Russian language for a long time and now he can speak it fluently). We are waiting for you next year – and bring your the “Amur River’s Portrait” to us!
By Andrei Goryainov

*- Krai is an administrative territory of Russia, like a prefecture in Japan

Translated by Albina Dolgan

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハバロフスク クラーイ 美術館」の 『堀本惠美子展 ~宇宙の愛のメッセージ~』をホームページに書き加えました。

堀本惠美子展の会場の「メッセージノート」のコメント や 堀本恵美子展の新聞『ヴェスチ』の掲載記事の概要などを更新しました。
写賓も豊富です。

是非ご覧頂ければ幸いです。

https://sites.google.com/site/emikohorimoto/information

作品収蔵先/エッセイ(Collections&Essays), 堀本惠美子とロシア

ロシア新聞『ヴェスチ』7月31日号「堀本惠美子がアムールのポートレートを描く」 

ロシア・ハバロフスク展覧会講演ツアーを日記でご紹介しましたが、今回はロシア・ハロフスク州発行の新聞『ヴェスチ』に掲載されました記事をご報告いたします。
またこの記事は、他の新聞にも掲載されたそうです。【ハバロフスク州 78.7k㎡(日本の2倍以上の面積) 人口 134.4万人 (京都市より少し少なめ)】掲載新聞と和訳をごらんいただければ幸いです(私の記事は6ページ目です)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ロシア新聞「ヴェスチ」 2017年7月31日発行
「堀本恵美子がアムールのポートレートを描く」

日本の前衛画家、堀本恵美子が極東の首都へ恒例の訪問をした。今回の訪問は彼女に
新たな感覚をもたらした。

今回、彼女は鳥瞰的に街を眺め、正教会のこの地の総本山の鐘を鳴らしたが、これらの印象を新しい絵画に表現する意欲を見出したという。

グロデコフ記念ハバロフスク地方美術館では、丸1か月間彼女の個展「宇宙の愛のメッセージ」が開催された。このタイトルはただ単に選ばれたのではない。

堀本さんはある難しい手術の最中に臨床死を体験し、生命の境界線の向こうに誰かとても大きくて優しそうな人を見た。彼女は正にこの体験について自身の作品の中で物語っているのだ。

「Current 宇宙へ」、「Current 宇宙の風」、「Current 希望の光」‐筆者のような素人の観客には(絵について知る上で)絵のタイトルだけが頼りなのだが、ついでに言えば、これらのタイトルは、わざと日本語が強調されている。

作品の大部分は青色かその系統の色で描かれているが、これが作者の好きな色である。

「ロシアの美術館で展覧会をやるのは私にとって初めてのことですが、とても面白い経験となりました。以前、私は大学のホールで自分の作品を展示したことがあります(展示作品は4年前、太平洋国立大学の教育学部で公開された)」と堀本恵美子は語った。

「その頃に較べるとハバロフスクは随分変りました。ずっと明るく、清潔で美しくなりました。

今、日本で展覧会が行なわれているので、私はとても忙しかったし少し疲れました。でも、この寺院(栄光の広場にあるスパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂)は私にとって非常に楽しい発見となりました。

この寺院はとても輝いていて、以前、私がコムソモール広場で見た寺院とは全く違っていました。」

ハバロフスクにある正教会の神学校を訪問したことも東京のプロテスタント系女子大を卒業した堀本恵美子と彼女のアシスタントたちのために用意された文化プログラムの1つとなった。

客人たちには学校の図書館の古い蔵書が披露され、モスクワのインノケンティ大司教の栄誉を称えて聖堂の壁に描かれた画像について、一連の手順や意味が説明された。

しかし、客人たちを最も喜ばせたのは大聖堂の鐘楼に上がり、鐘を鳴らす機会を得たことであった。

「私はコソボでセルビア正教の寺院を見たことがありますが、ロシア正教はセルビアの正教にとても似ていると思います。」と、堀本恵美子は語った。

「でも、私は思うのです。キリスト教や仏教や他のどんな宗教よりも、もっともっと大きくて、強い何かがあると。この大きくて聡明な本源(造物主)はすべてのものの上に存在していて、あらゆる年代の神々や文明よりもずっと以前から存在したし、今も、ずっと我々のすぐ側におられると思います。」

日の出と日没、海に山。とりわけ、富士山は日本の芸術家たちの創作活動における重要なモチーフであるが、この点において堀本さんも例外ではない。

彼女の水彩画とアクリル画の作品では、1つの色調から他の色調へと移り行く繊細なグラデュエーションが驚くべき効果をもって我々を取り巻く世界の動きと複雑な空間の変動を描写している。

新しい制作に取りかかる時には時としてある種の刺激が必要になることがある。

ハバロフスクを訪ねてくれた我々のお客にとっては、その刺激が、スパソ・プレオブラジェンスキー大聖堂の鐘楼からの眺めであった。

ヘフツィール(ハバロフスク南方30㎞の自然保護区)は伝統的な日本絵画の観点からすれば、とても富士山には及ばない。とは言え、ロシアと中国の国境にそびえる山脈のシルエットは彼女の関心を惹いた。

ハバロフスクの各地を見て回った後、堀本恵美子はアムール河のポートレートを描いてみたくなりました、と表明した。

「ロシア極東とアジア太平洋地域:夢と友好の海」フェスティバル《環太平洋国際アートフェスティバル》の審査委員長の1人として、彼女は両国の芸術家たちの間で交流が続くことを希望した。

以前に共同プロジェクトの枠で、30人のロシア人が”日出(イズ)る国《日本》を訪問している。現在彼女は、日本の若者たちの答礼訪問の準備と、ハバロフスクでの新たな作品の個展の開催に取り掛かる予定である。

ついでながら、グロデコフ美術館に集まった聴衆を前にして堀本さんはまずロシア語で「ズドゥラースヴイチェ」と話し始めた。(通信社の特派員に彼女が打ち明けた話では、彼女の以前の御主人は長い間ロシア語を学んでいて、ロシア語で自由に喋るとのこと)。

来年、アムールのポートレートを持って来て下さい。お待ちしています。

和訳 織田桂子・中村龍介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお「「ヴェスチ』の全体の要約は、「堀本惠美子ホームページ」の「堀本惠美子展~宇宙の愛のメッセージ~(ハバロフスク・クラーイ美術館)2017年7月4日~30日」に掲載しましたので、ごらんいただければ幸いです。

https://sites.google.com/site/emikohorimoto/information

会場に置かれていた『メッセージノート』には、 ロシア語・韓国語・中国語・日本語で多くの感想の言葉が記されていました。(これらもホームページをごらんいただければ幸いです)

● 堀本惠美子展 ~宇宙の愛のメッセージ~ 観客数 6650名
(うち堀本惠美子レセプション参加者 98名)

来年はハバロフスク州都160周年記念だそうです。

(前回のハバロフスクの個展で、現地へ行ったとき(2013年5月~6月)は155周年記念で盛大なお祭が行われているときでした)

また次のステップが始まっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハバロフスク クラーイ 美術館」の 『堀本惠美子展 ~宇宙の愛のメッセージ~』をホームページに書き加えました。

堀本惠美子展の会場の「メッセージノート」のコメント や 堀本恵美子展の新聞『ヴェスチ』の掲載記事の概要などを更新しました。
写賓も豊富です。

是非ご覧頂ければ幸いです。

https://sites.google.com/site/emikohorimoto/information